*

細胞の老化などに関係

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 予防と脳の活性化, 美容・健康, 認知症

細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明

power

人間(生き物)は細胞(生命体)そのものともいう。

だから研究者はその細胞の解明に躍起になっいるし、細胞の仕組みが解明されていくことは、人間の寿命にも変化していくでしょう。

染色体の末端にあり、その長短が細胞の寿命や老化に深く関係する部位「テロメア」について、長さを抑制する仕組みを、関西学院大理工学部(兵庫県三田市)の田中克典教授らのグループが初めて明らかにした。抗がん剤の開発などにつながる可能性もあり、このほど米国科学アカデミー紀要に掲載された。

通常の細胞は、分裂のたびにテロメアが少しずつ短縮、一定の長さになると細胞が寿命を迎え、分裂をやめる。一方、生殖細胞やがん細胞では、テロメラーゼと呼ばれる酵素が働き、長さを保つようテロメアを修復。一種の「不死状態」であることが知られている。

ただ修復の際、テロメアを伸ばしすぎず、元の長さに収める仕組みは不明で、田中教授らは常にテロメラーゼが働く酵母菌を使って実験した。元の長さまで修復が進むと、SUMO(スモ)というタンパク質が、テロメアに付着している別のタンパク質と結合。テロメラーゼをはじき飛ばし、修復を止めることを明らかにした。

テロメアは、細胞の老化やがん化に関係することから注目され、2009年のノーベル医学生理学賞の受賞分野になった。田中教授によると、酵母菌とヒトではテロメアがよく似ており、判明した仕組みがヒトのがん細胞などにも当てはまる可能性があるという。

田中教授は「テロメア修復の“ブレーキ役”がヒトでも明らかになれば、治療への応用も期待できる」と話す。(武藤邦生)神戸新聞NEXT記事より抜粋

関連記事

339d8f14

走れば、ボケ防止&頭がよくなる

驚くほどニューロンが元気に『有酸素RUN』   ただ“走る”だけでぐんと頭

記事を読む

hirune

昼寝の効果、認知症予防にも

1日10〜30分、昼寝の効果 能率向上、認知症予防にも    

記事を読む

flower_006

『終活』ブームとは!!

いま終活ブームとかで!! 12月22日、AP通信は、日本の『終活』についての記事を掲載した。『

記事を読む

ayame

脳の活性化に新しことに挑戦!

脳の老化防止・活性化には新しいことに挑戦してみよう 脳の活性化や老化防止に新しい事を始

記事を読む

kuroneko05

食事と健康

食事と健康 手間暇かけずに、重い荷物も届けてもらうと楽々。その分空いた時間は、友達とダベロウ。

記事を読む

az_1280himawari

大山のぶ代さん、認知症だった 夫がラジオで告白

  今朝のニュースを見て驚きました。 あのドラえもんの声優が”認知症”!!

記事を読む

signe

サインを見逃さないように!

「徘徊(はいかい)はある日突然起こるのではなく、徘徊に至る前には認知症の進行を示すい

記事を読む

vegetable

一日に必要とされている野菜は?

1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁 毎日の野菜足りていますか??   PR

記事を読む

missing

まさか認知症だったとは!

またNHKのニュースからで申し訳ありませんが、気づき、がいかに大切か? また年を取るこ

記事を読む

kaiten_02

頭の回転が速い人

  頭の回転が速い人 頭の回転が速い=頭が良い ではありません。ここが

記事を読む

PAGE TOP ↑