*

大都会の真ん中で!

公開日: : 行方不明, 認知症

大都会の真ん中で!1

osaka

軽い認知症の症状でも! どう防げばよいか?? 彼女は今どこに!

認知症で行方不明になる人が相次いでいる問題で、人通りの絶えない都会の真ん中でも誰にも気づかれずに行方が分からなくなる事態が起きている。JR大阪駅からほど近い中心部に暮らしていた認知症の女性(74)が3月末、突然いなくなった。事件に巻き込まれた可能性も考慮して警察の捜査部門も動いたが、手がかりはない。「こんなに人がたくさんいる中で見つからないなんて」。家族は悲痛な思いで帰りを待ち続けている。【山田泰蔵、銭場裕司】毎日新聞WEB記事

女性は大阪市北区の美和子さん。昨年5月に認知症と診断され、スムーズな会話は難しくなっていたが、足腰は丈夫で日常生活にほぼ支障はなく、自宅マンションで1人暮らしをしていた。近くに住む30代の長女が孫と毎日のように訪れ夕食を共にするなど身内に支えられ、外出先で道に迷い保護されるようなことはなかった。

ところが3月27日に自宅を出た後、行方が分からなくなった。家族は警察に届け、行方や手がかりを捜した。

外出時の姿は同日午前9時20分ごろ、自宅マンションの防犯ビデオに映っていた。黒とピンクの横しま模様の長袖Tシャツに黒いダウンコート、ニット帽を身に着け、愛用のカバンを持っていた。数百メートル先の防犯ビデオにも同じ姿があったが、足取りはそこで途絶える。地下鉄に乗る際に使っていた敬老パスを調べると、その日は利用記録がなかった。

自宅カレンダーには先々の予定が書きこまれ、失踪する理由は見当たらない。大阪府警捜査1課も調べたが、事件に巻き込まれた形跡はなかった。美和子さんの認知症は言葉の意味を忘れるのが主な症状で道に迷うことはあまりないとされていた。長女は「帰宅はできると思っていた。気付けなくてごめん」と自責の念を募らせる。

「人の役に立ちたい」と経理職を退いた後も10年以上にわたり老人ホームを訪問するなどのボランティアを続けてきた美和子さん。長女はいつ戻ってもいいようにと母が大事にしていた鉢植えへの水やりを欠かさない。

6月21日、美和子さんは74回目の誕生日を迎えた。長女は母の写真に向かい、孫2人とバースデーソングを歌った。「どこかで聞いてくれているよ」。そう語り合いながらも切なくなる。「一緒にお祝いしたかった」。今はただ母の体をしっかりと抱きしめて、そのぬくもりを感じたい。

美和子さんは身長145センチ、体重40キロ程度。金色の釈迦(しゃか)座像のペンダントをしていたとみられる。情報提供は大阪府警天満署(06・6363・1234)へ。

毎日新聞  記事より

関連記事

signe

サインを見逃さないように!

「徘徊(はいかい)はある日突然起こるのではなく、徘徊に至る前には認知症の進行を示すい

記事を読む

nhk_autumn

危うい独り暮らし サインを見逃すな

明らかになった独り暮らしのリスク NHKのWEBニュースより掲載記事(※このところ認知症のニュ

記事を読む

power

細胞の老化などに関係

細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明 人間(生き物)は細胞(生命体)そのものとも

記事を読む

alcohol

飲酒は脳にプラスなのかマイナスなのか

  お酒は体や脳に良いのか悪いのか、気になるところだ。「酒は百薬の長」いうこ

記事を読む

osoi03

頭の回転が遅い人

    頭の回転が遅い人   いつも自

記事を読む

missing

まさか認知症だったとは!

またNHKのニュースからで申し訳ありませんが、気づき、がいかに大切か? また年を取るこ

記事を読む

0620

発症前診断に賛否、続く議論

アミロイドPET 発症前診断に賛否 アルツハイマー型認知症の早期診断に向けた取り組みが進ん

記事を読む

brewed_coffee

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる?

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる? 私は一日5-6杯(マグカップ)のブラックコーヒー

記事を読む

green2

あなたは大丈夫??

自然な衰えによる「物忘れ」と病的な「認知症(痴呆)」 年齢を重ねるうちに「最近、物忘れが増えて

記事を読む

hayaku=4

頭の回転を速くする方法

  頭の回転を速くする方法   頭の回転の速さがどうし

記事を読む

PAGE TOP ↑