*

昼寝の効果、認知症予防にも

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 予防と脳の活性化, 美容・健康

1日10〜30分、昼寝の効果 能率向上、認知症予防にも

 

hirune_03

 



 

認知症予防にも効果的だ。習慣的に1時間以内の昼寝をする高齢者は、認知症になるリスクが5分の1程度にまで低下するというデータもある。これも昼寝をすることで日中の活動性を高めて夜はしっかり眠る、という生活のメリハリ作りが脳の活動に好影響を与えるためと考えられている。

いいことずくめの昼寝のようだが、方法を間違えると大変だ。昼寝はあくまで脳内の睡眠物質を減らすことが目的だ。人は眠ってから時間がたつほど深い睡眠に入る。睡眠が深まると、目が覚めてもきちんとした覚醒状態になるまで時間がかかり、逆に仕事や勉強の能率が落ちてしまうのだ。

 

「スペインなど南欧では午後に休息する『シエスタ』が一般的ですが、2時間や3時間の昼寝は長すぎです。高校生や大学生なら10分程度の昼寝で十分。30歳代は10〜20分、40〜50歳代は20〜30分以内にすべきです」。浅い眠りにとどめるためにもソファなどに横たわるのではなく、オフィスや教室の机に伏せたり、喫茶店や公園などの椅子・ベンチにもたれたりするだけで十分だ。加えて夜にしっかり眠るため、午後3時以降の昼寝は禁物。特に高齢者は1時間以上昼寝をすると、目覚めてもぼーっとする時間が続き、逆に認知症リスクを高めてしまう。必ず1時間以内にしてほしい。

関連記事

meka

記憶のメカニズム

記憶のメカニズム    脳には左脳と右脳があり、左脳は言語的・論理的思考をし、右脳はイメ

記事を読む

gokan

脳活性化 五感の鍛え方

落せなかった毛穴汚れが! どろあわわシリーズ4点セット定期コース  

記事を読む

nhk_autumn

危うい独り暮らし サインを見逃すな

明らかになった独り暮らしのリスク NHKのWEBニュースより掲載記事(※このところ認知症のニュ

記事を読む

swan1

食事と健康について

食事と健康について考えよう! 病気は気からとよく言われるが、食事は最も大切な健康管理。

記事を読む

kuroneko05

食事と健康

食事と健康 手間暇かけずに、重い荷物も届けてもらうと楽々。その分空いた時間は、友達とダベロウ。

記事を読む

0620

発症前診断に賛否、続く議論

アミロイドPET 発症前診断に賛否 アルツハイマー型認知症の早期診断に向けた取り組みが進ん

記事を読む

02

運動の為に階段を利用!

健康と運動の為に1階から11階まで、一日1階往復する事を始めた。 三日坊主の私がいつまで続くか

記事を読む

brewed_coffee

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる?

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる? 私は一日5-6杯(マグカップ)のブラックコーヒー

記事を読む

hayaku=4

頭の回転を速くする方法

  頭の回転を速くする方法   頭の回転の速さがどうし

記事を読む

339d8f14

走れば、ボケ防止&頭がよくなる

驚くほどニューロンが元気に『有酸素RUN』   ただ“走る”だけでぐんと頭

記事を読む

PAGE TOP ↑