*

危うい独り暮らし サインを見逃すな

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 予防と脳の活性化, 行方不明

nhk_autumn

明らかになった独り暮らしのリスク

NHKのWEBニュースより掲載記事(※このところ認知症のニュースが少ない。益々深刻化してはずだが!。振り込み詐欺等のニュースが多がこの事件も認知症と無関係とは言えない。)

NHKの取材班は詳しい実態を調べるため、過去5年間に全国で行方不明になったとして警察や自治体に届けられた約400人について取材しました。この中で、死亡が確認された112人のうち29%が独り暮らしだったことが、家族や介護関係者などへの取材で分かりました。

 

可能なかぎりの支援をしても・・

わたしたちはその一人で去年4月に亡くなった東京・新宿区の三浦スミさん(当時84)の関係者からお話を聞くことができました。三浦さんは20年ほど前に夫を亡くし、子どもがいなかったため新宿区のアパートで1人で暮らしていました。
アルツハイマー型の認知症だった三浦さんは、介護サービスを利用しながら独り暮らしを続けていて、高齢者支援の地域の拠点、「地域包括支援センター」が支えていました。
地域包括支援センターでは三浦さんの認知症が進行していると感じ、可能なかぎり見守りの機会を多くしようと考えていました。訪問介護は介護保険で使える上限の、毎日、朝と夜の2回。それだけでは足りないとして、昼には、区独自の「配食サービス」を加え、1日3回、見守りができるようにしていました。
ところが三浦さんは去年4月、ヘルパーが来る前の早朝に自宅を出たまま行方が分からなくなり、5キロほど離れた川で遺体となって見つかりました。徘徊(はいかい)の末、誤って川に転落したとみられています。地域包括支援センターは、今あるサービスだけでは1人で暮らす認知症高齢者の行方不明を防ぐのは難しいと感じていて、川上ひろみセンター長は「訪問介護などできるかぎりのサービスを使い、現場は必死で支えていた。ただ、今の制度の中では、24時間見守り続けることは難しい」と話しています。


関連記事

tuyu

とうとういやな梅雨到来!

とうとう 梅雨が始まった。 外出の機会がへり、健康が気になる季節でもある。 何に向かって、

記事を読む

kaimin

良質な眠りが手に入る3つの要素

なかなか寝付けない悩みのある方へ 睡眠専門医が開発した被って眠る枕 【IGLOO(

記事を読む

vegetable

一日に必要とされている野菜は?

1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁 毎日の野菜足りていますか??   PR

記事を読む

0620

発症前診断に賛否、続く議論

アミロイドPET 発症前診断に賛否 アルツハイマー型認知症の早期診断に向けた取り組みが進ん

記事を読む

0617

本格的な夏を前に始めたいダイエット

本格的な夏を前に始めたいダイエット。   いろいろなダイエット法がありますが、過度

記事を読む

brewed_coffee

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる?

カフェインを摂取すると、記憶力が高まる? 私は一日5-6杯(マグカップ)のブラックコーヒー

記事を読む

yaruki

やる気

  「最近どうも仕事に身が入らず、何をするのもおっくう」という人。 &

記事を読む

Penguins01

頭の回転 早い人、遅い人

  なさんは身近な人の中に、頭の回転が速いなと思う人と、この人は頭の回転遅い

記事を読む

signe

サインを見逃さないように!

「徘徊(はいかい)はある日突然起こるのではなく、徘徊に至る前には認知症の進行を示すい

記事を読む

hayaku=4

頭の回転を速くする方法

  頭の回転を速くする方法   頭の回転の速さがどうし

記事を読む

PAGE TOP ↑