*

危うい独り暮らし サインを見逃すな

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 予防と脳の活性化, 行方不明

nhk_autumn

明らかになった独り暮らしのリスク

NHKのWEBニュースより掲載記事(※このところ認知症のニュースが少ない。益々深刻化してはずだが!。振り込み詐欺等のニュースが多がこの事件も認知症と無関係とは言えない。)

NHKの取材班は詳しい実態を調べるため、過去5年間に全国で行方不明になったとして警察や自治体に届けられた約400人について取材しました。この中で、死亡が確認された112人のうち29%が独り暮らしだったことが、家族や介護関係者などへの取材で分かりました。

 

可能なかぎりの支援をしても・・

わたしたちはその一人で去年4月に亡くなった東京・新宿区の三浦スミさん(当時84)の関係者からお話を聞くことができました。三浦さんは20年ほど前に夫を亡くし、子どもがいなかったため新宿区のアパートで1人で暮らしていました。
アルツハイマー型の認知症だった三浦さんは、介護サービスを利用しながら独り暮らしを続けていて、高齢者支援の地域の拠点、「地域包括支援センター」が支えていました。
地域包括支援センターでは三浦さんの認知症が進行していると感じ、可能なかぎり見守りの機会を多くしようと考えていました。訪問介護は介護保険で使える上限の、毎日、朝と夜の2回。それだけでは足りないとして、昼には、区独自の「配食サービス」を加え、1日3回、見守りができるようにしていました。
ところが三浦さんは去年4月、ヘルパーが来る前の早朝に自宅を出たまま行方が分からなくなり、5キロほど離れた川で遺体となって見つかりました。徘徊(はいかい)の末、誤って川に転落したとみられています。地域包括支援センターは、今あるサービスだけでは1人で暮らす認知症高齢者の行方不明を防ぐのは難しいと感じていて、川上ひろみセンター長は「訪問介護などできるかぎりのサービスを使い、現場は必死で支えていた。ただ、今の制度の中では、24時間見守り続けることは難しい」と話しています。


関連記事

kaiten_02

頭の回転が速い人

  頭の回転が速い人 頭の回転が速い=頭が良い ではありません。ここが

記事を読む

gokan

脳活性化 五感の鍛え方

落せなかった毛穴汚れが! どろあわわシリーズ4点セット定期コース  

記事を読む

osoi03

頭の回転が遅い人

    頭の回転が遅い人   いつも自

記事を読む

osaka

大都会の真ん中で!

大都会の真ん中で!1 軽い認知症の症状でも! どう防げばよいか?? 彼女は今どこに!

記事を読む

yaruki

やる気

  「最近どうも仕事に身が入らず、何をするのもおっくう」という人。 &

記事を読む

hayaku=4

頭の回転を速くする方法

  頭の回転を速くする方法   頭の回転の速さがどうし

記事を読む

tuyu

とうとういやな梅雨到来!

とうとう 梅雨が始まった。 外出の機会がへり、健康が気になる季節でもある。 何に向かって、

記事を読む

0617

本格的な夏を前に始めたいダイエット

本格的な夏を前に始めたいダイエット。   いろいろなダイエット法がありますが、過度

記事を読む

339d8f14

走れば、ボケ防止&頭がよくなる

驚くほどニューロンが元気に『有酸素RUN』   ただ“走る”だけでぐんと頭

記事を読む

hirune

昼寝の効果、認知症予防にも

1日10〜30分、昼寝の効果 能率向上、認知症予防にも    

記事を読む

PAGE TOP ↑